J1王者・川崎が解決すべき“最大の課題”!? データに浮かぶ“去りし功労者”の圧倒的貢献

川崎は第5節終了時点で1勝3分1敗と苦戦を強いられている【写真:荒川祐史】
川崎は第5節終了時点で1勝3分1敗と苦戦を強いられている【写真:荒川祐史】

開幕5試合でわずか1勝、対戦相手の徹底した対策に苦戦

 J1リーグ王者の川崎フロンターレは、第5節終了時点で1勝3分1敗の10位とスタートダッシュに失敗した。前節の松本山雅FC戦(2-0)でようやく今季リーグ戦初勝利を手にしたが、苦戦を強いられているのにはさまざまな理由がある。

 まずは、連覇中の王者に対して相手が万全な対策を施してきていること。開幕戦のFC東京戦(0-0)、第2節・鹿島アントラーズ戦(1-1)はともに優勝候補同士の対決だったが、自陣にブロックを築く徹底した守備戦術で川崎にスペースを与えなかった。

 そして新加入FWレアンドロ・ダミアンの存在も、苦戦の要因の一つに挙げられるだろう。ロンドン五輪で得点王に輝いた大物ストライカーを補強し、課題とされていた空中戦の強化に成功した一方、川崎の独特なパスサッカーにはまだ適応し切れていない。それでもL・ダミアンは、第3節の横浜F・マリノス戦(2-2)で2ゴールを奪うなどストライカーとして勝負強さを発揮しており、適応がさらに進んでいけば解決されるはずだ。

 むしろ今季の川崎における課題は、右サイドバック(SB)にあるのかもしれない。昨季までそのポジションは、清水エスパルスへと移籍したブラジル人DFエウシーニョの“聖域”だった。

【PR】3連覇を狙う川崎フロンターレ、盤石のシーズンとなるか?! Jリーグを観るならDAZN!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング