中村俊輔の古巣MF、“顔面パンチ被害”の主将を擁護 「何も悪いことはしなかった」

因縁の対決で衝撃のワンシーンが生まれた【写真:Getty Images】
因縁の対決で衝撃のワンシーンが生まれた【写真:Getty Images】

レンジャーズMFケントが憤怒、セルティックMFブラウンにパンチを見舞う

 元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)の古巣であるスコットランド1部セルティックは、現地時間3月31日のリーグ第31節レンジャーズ戦で2-1と勝利を収めた。この一戦でセルティックの主将MFスコット・ブラウンが相手選手から顔面パンチをお見舞いされ、ノックアウトされる瞬間の写真が世界中を駆け巡り、大きな反響を呼んでいるが、同僚MFは「スコットは何も悪いことはしなかった」と擁護している。英公共放送「BBC」が報じた。

 ともにグラスゴーを本拠地とする因縁の対決で衝撃のワンシーンが生まれた。試合は前半27分、FWオドソンヌ・エドゥアールのゴールでセルティックが先制。直後の31分、レンジャーズFWアルフレッド・モレロスが、ブラウンの顔に肘打ちを入れて一発退場となるなど荒れ模様となった。

 セルティックが数的優位となるも、後半18分にはレンジャーズMFライアン・ケントに同点弾を献上。それでも同41分、スコットランド代表MFジェームズ・フォレストが勝ち越しゴールを叩き込んだ。

 落胆の色を隠せないレンジャーズだったが、試合を再開しようと選手たちが再び各自のポジションに動いている最中に思わぬ出来事が起きた。この日、1ゴールを決めたレンジャーズのケントが、センターサークル付近に転がったボールを拾おうとした際、セルティックのブラウンが先に反応し、自身の背中にボールを通して横に放り投げた。これを見たケントは憤怒し、ブラウンに近づいたかと思った次の瞬間、左手を素早く出してブラウンの顔面に左パンチをヒットさせ、ブラウンはそのままピッチに倒れこんだ。

今、あなたにオススメ

トレンド