VIPトリオの目前で炸裂! G大阪、華麗な“10秒高速カウンター弾”に称賛「電光石火」

アデミウソンが右足ハーフボレーで先制点を奪取【写真:Getty Images】
アデミウソンが右足ハーフボレーで先制点を奪取【写真:Getty Images】

小野瀬の持ち出しから最後はアデミウソンが右足ハーフボレーで先制点を奪取

 ガンバ大阪は30日、J1リーグ第5節でヴィッセル神戸と対戦。鮮やかなショートカウンターからゴールを奪い、「電光石火の先制点」と速報されている。

 元スペイン代表FWダビド・ビジャ、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの“VIPトリオ”を擁する神戸をホームに迎え撃ったG大阪は、前半10分にスコアを動かす。

 神戸のミスをきっかけに反撃に出たG大阪は、MF小野瀬康介がハーフウェーライン付近から前線へドリブルで駆け上がる。ペナルティーエリア右手前から、ファーサイドのFWアデミウソン目がけて浮き球のパスを供給。アデミウソンは手前でワンバウンドしたボールを右足ハーフボレーで合わせて豪快にネットを揺らした。

 ボール奪取からわずか10秒。試合を中継するDAZN公式ツイッターも「電光石火の先制点」と称賛の意を込めて速報している。

 G大阪は前半24分にも、イニエスタからボールを奪ったDF菅沼駿哉の縦パスからFWファン・ウイジョが追加点を奪うなど、鋭い速攻が猛威を振るっている。試合は前半終了間際に神戸が1点を返し、2-1とG大阪リードで折り返している。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング