堂安、久保、安部…東京五輪へタレント乱立! U-22日本代表「アタッカー最新序列」

U-22日本代表のアタッカーたちには、厳しいポジション争いが待っている【写真:荒川祐史&Getty Images&ⒸAFC】
U-22日本代表のアタッカーたちには、厳しいポジション争いが待っている【写真:荒川祐史&Getty Images&ⒸAFC】

U-23アジア選手権予選3試合で21ゴール 1トップでは前田と上田が抜け出す

 東京五輪世代となるU-22日本代表は、3月22日から26日にかけて酷暑のミャンマーで東京五輪1次予選(日本は開催国のため免除)を兼ねたU-23アジア選手権の予選を戦った。過酷な環境に苦しみはしたものの、結果的には3戦3勝で見事に本大会の出場権を獲得。また、各ポジションのサバイバルが本格化するなか、3試合で21得点を奪った攻撃陣は多くの選手が結果を残し、メンバー入りへ猛アピールを見せた。

 U-22日本代表は3-4-2-1を基本布陣としており、1トップ2シャドーのポジションには多彩なタレントが揃う。すでにA代表に選出されている堂安律(フローニンゲン)を筆頭に、海外組では伊藤達哉(ハンブルガーSV)、国内組では三好康児(横浜F・マリノス)や“飛び級”招集されている久保建英(FC東京)らがおり、いまだ未招集の選手の中には安部裕葵(鹿島アントラーズ)といった選手たちも控えている。

 現実的に言えば、18人という東京五輪の本大会登録メンバー枠を考えると、このポジションに割り当てられるのは5~6人。かなり厳しいポジション争いが待っていると言っていいだろう。そのなかで、今大会を終えた段階での序列を考えてみたい。

 2~3枠が予想される1トップのポジション争いで抜け出しているのは、U-23アジア選手権予選で活躍した前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大/21年の鹿島入団内定)だ。

 前田はスピードという他の選手にないスペシャリティーを持っており、前線からの守備を献身的に行えるところはチームコンセプトにも合致。今大会では5得点を記録し、献身性だけでなくゴールという結果を示せたことはプラスだ。

 また、ゴール前で決定的な仕事ができるストライカーとして評価を上げる上田は、今大会でも4得点を記録。シュートまでの形をいくつも持っており、森保一監督体制になってからは最多のゴール数を誇る。ジョーカー的な役割でもしっかり結果を残せることを考えても、貴重な存在と言えるだろう。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング