海外助っ人Jリーガー、夢は日本代表でW杯出場? 海外注目「日本愛を示し、帰化希望」

「周りの人は僕が帰化して、ワールドカップに出場するべきだといつも言っている」

 記事では可能性の一つとして日本への帰化を指摘。A・ロペスも満更ではない様子で、「僕は少し日本語を話せるので、周りの人は僕が帰化して、ワールドカップに出場するべきだといつも言っている。それがもし可能ならば、日本から去ることはない」と語っている。

 広島のブラジル人FWパトリックは日本への帰化希望を公言しており、日本語を日夜勉強。SNSでは勉強している様子を頻繁にアップしている。A・ロペスもまた日本帰化に関心を抱いているようだ。記事では「ブラジル代表が遠い夢であることから来るのかもしれない」と総括している。

 185センチのレフティーで、豊富な運動量とテクニックを兼備。時に虚を突く絶妙なパスを出し、高難度のシュートを叩き込むなど総合能力は極めて高い。帰化条件の一つとして「引き続き5年以上日本に住所を有すること」という条文があり、少なくとも5年は継続して日本に住む必要がある。

 A・ロペスが帰化を望む場合、その道のりはまだ始まったばかりだが、果たして日本代表としてプレーする日は来るのだろうか。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング