神戸FWビジャが本領発揮! 後半開始20秒…技ありの“つま先キック”で2戦連続ゴール

神戸FWビジャ【写真:Noriko NAGANO】
神戸FWビジャ【写真:Noriko NAGANO】

スペイン代表最多ゴール記録保持者ビジャが存在価値を証明、チーム2連勝に大きく貢献

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャが躍動している。10日のJ1リーグ第3節ベガルタ仙台(1-3)で技ありのゴールを決めて勝利に貢献。2戦連続弾で連勝に貢献するなど存在価値をまざまざと見せつけている。

 昨年12月に神戸へ電撃加入したビジャは、前節のサガン鳥栖戦(1-0)で日本初ゴールを奪い、チームに今季初勝利をもたらすと、続く仙台戦でも結果を残す。1-0とリードして迎えた後半開始20秒にスペイン人ストライカーの嗅覚が光った。

 MF古橋亨梧が左サイドのスペースへ走り込むと、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが絶妙なスルーパスを供給。古橋はペナルティーエリア左からダイレクトでグラウンダーのクロスを送り、ニアサイドに走りこんだのがビジャだった。相手DF永戸勝也にマークされながらも一瞬早く右足を出し、トーキック(つま先)付近でボールを捉えてニアサイドに流し込んだ。イニエスタや古橋、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキらが祝福に駆け寄り、ビジャも喜びを爆発させた。

 試合は後半19分にオウンゴールで神戸がリードを広げて、最終的に3-1と勝利を収めている。7日にはバルセロナと契約を解除し、新たにMFセルジ・サンペールの加入が決まるなど“バルサ化”が進む神戸。そのなかでスペイン代表最多ゴール記録(99試合59得点)を保持するビジャが、新たな得点源として強烈なインパクトを放っている。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング