“長寿のベテランスター6人”をスペインメディア選出 トリを飾ったのは“王様”Jリーガー

“長寿のベテランスター6人”をスペインメディアが選出【写真:Getty Images】
“長寿のベテランスター6人”をスペインメディアが選出【写真:Getty Images】

A・コール、エトーら錚々たる顔ぶれ 日本からは“キング・カズ”がノミネート

 サッカー選手のキャリアは、決して長くない。たとえどんな名手でも、30歳を過ぎれば引退へのカウントダウンが始まるのが現実だ。だからこそ、長年活躍するベテランはリスペクトに値する。英サッカーサイト「90min」スペイン語版は、「引退していると思ったら、引退していない選手たち」と題して特集を組み、息長くプレーするプレーヤーを紹介している。

 最初に登場したのは、レアル・マドリードでもプレーした元トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールだ。35歳となった現在は、トルコ1部のバシャクシェヒルでプレー。チームも日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライや、MF香川真司が移籍したベジクタシュを押さえてリーグ首位に立っている。

 2人目はアーセナルとチェルシーで長く活躍を見せた元イングランド代表DFアシュリー・コール。ローマ、米MLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーを経て、今冬から英2部ダービー・カウンティでプレーしている。同じく元イングランド代表で、現在はバーンリーでプレーする長身FWピーター・クラウチの名前も挙がった。

 続いて、バルセロナで数々の栄光を手にした元カメルーン代表FWサミュエル・エトーも紹介。インテル、チェルシーなどでもプレーした後、トルコのアンタルヤスポルとコンヤスポルを経て、現在はカタール1部のカタールSCに所属している。なお、アンタルヤスポルでは一時的ながら選手兼監督も経験した。

 今回紹介された6人のなかで、2番目に年齢の高かったのが元ウルグアイ代表FWセバスティアン・アブレウだ。“エル・ロコ”の愛称で親しまれる42歳のストライカーは、昨年末にチリ3部リーグのマガジャネスを退団。引退も囁かれたが、ブラジル4部リーグのリオ・ブランコACと契約し、今も現役を続けている。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング