「現役バリバリ」元バルサMFの神戸加入 三木谷会長が語る反響「日本以上に欧州で驚き」

三木谷会長がサンペールの加入会見で言及【写真:Football ZONE web】
三木谷会長がサンペールの加入会見で言及【写真:Football ZONE web】

元バルサMFサンペールの加入会見で三木谷会長が言及 「Jリーグにとってもほぼ初」

 J1ヴィッセル神戸は7日、今シーズン途中までスペインの名門バルセロナに所属していたスペイン人MFセルジ・サンペールが完全移籍で加入すると発表した。同日に加入会見が行われ、サンペールとともに壇上に登場した三木谷浩史会長は24歳MFを獲得した反響について口にしている。

 サンペールはバルセロナ下部組織出身で、2014年にトップチームデビュー。スペインの年代別代表でもプレーし、バルセロナの先輩にあたるスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者として期待された逸材だ。

 武者修行先のラス・パルマスで左足首の内側側副靱帯断裂と腓骨骨折の重傷を負い離脱を余儀なくされたが、18年1月にバルセロナへ復帰。今季はスペイン国王杯で1試合、33分間の出場にとどまっていたなか、4日に契約を解除し、今回神戸への移籍が決定した。

 三木谷会長は「若くて才能あふれる選手」とサンペールを称賛したなか、「社会貢献という意味と事業という意味、会社のブランドのイメージを上げるという意味合いがある」と語る。その一方で、サンペール獲得の反響は日本以上に欧州で大きかったというエピソードを明かした。 

「現役バリバリどころか、これから伸びていくヨーロッパの一流選手が来ることは、Jリーグにとってもほぼ初めてのことではないか。このニュースは日本以上に欧州で驚きを持って捉えられていると聞く」

 これから選手としての全盛期を迎えるプレーヤーが、新天地としてJリーグを選択した意味の大きさについて三木谷会長は触れている。「Jリーグが世界のトップリーグになれると思って活動しているが、それが楽天のブランドを高めてくれればいい」と続けた。

 欧州にも衝撃を与えたサンペールの神戸移籍だが、これによりJリーグのブランドは一層価値を高めたと言えそうだ。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング