神戸加入の元バルサMFサンペール、新チームとJリーグを称賛「テクニカル」「伸び盛り」

神戸加入会見に出席したサンペール【クレジット:ヴィッセル神戸】
神戸加入会見に出席したサンペール【クレジット:ヴィッセル神戸】

元バルサMFサンペールが7日に神戸加入会見 「Jリーグの試合は何試合か見た」

 J1ヴィッセル神戸は7日、今シーズン途中までスペインの名門バルセロナに所属していたスペイン人MFセルジ・サンペールが完全移籍で加入すると発表した。同日に加入会見が行われ、壇上に登場したサンペールは新チームとJリーグの印象を口にしている。

 24歳のサンペールはバルセロナ下部組織出身で、2014年にトップチームデビュー。スペインの年代別代表でもプレーし、バルセロナの先輩にあたるスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者として期待されたが、武者修行を積んでいたラス・パルマスで左足首の内側側副靱帯断裂と腓骨骨折の重傷を負い離脱を余儀なくされた。18年1月にバルセロナへ復帰も、今季はスペイン国王杯で1試合、33分間の出場にとどまり4日に契約解除。そして今回、神戸への移籍が決定した。

 サンペールは「全力でチームに貢献することが求められていると思う。MFとしてチームの中で、チームのプロジェクトの中で、カンテラで育った中で、どのような良いサッカーや良いプレーを見せられるかに注力してやっていきたい」と意気込んだ。

 その一方で「Jリーグの試合は何試合か見たし、神戸の試合も見た」という。新天地となる神戸については「非常にテクニカルなチームだと思っている」と言及。自身、初の海外挑戦となるなか、「Jリーグはこれからますます世界で重要なリーグになる。伸び盛りのリーグだと思っている」と、Jリーグのポテンシャルと将来性を称えている。

 背番号「6」に決まったサンペール。神戸にはすでにGKキム・スンギュ、DFダンクレー、MFアンドレス・イニエスタ、FWダビド・ビジャ、FWルーカス・ポドルスキ、FWウェリントンと6人の外国籍選手が在籍しており、サンペールで7人目となる。バルサ化が進むなか、サンペールの加入でどのような化学反応が起きるのだろうか。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング