“VIPトリオ”以上? 鳥栖のスペイン人監督が「一番良かった」と称えた17歳MFの正体

Jリーグデビューを飾ったサガン鳥栖の17歳MF松岡大起【写真:Noriko NAGANO】
Jリーグデビューを飾ったサガン鳥栖の17歳MF松岡大起【写真:Noriko NAGANO】

2種登録の松岡が神戸戦でJデビュー 世界的スターのイニエスタにも果敢にチャレンジ

 サガン鳥栖は2日のJ1リーグ第2節でヴィッセル神戸に0-1で敗れ、開幕2連敗を喫した。元スペイン代表FWダビド・ビジャに日本初ゴールを許し、昨年8月の第22節川崎フロンターレ戦(0-0)以降では最少となるシュート4本に終わったなか、試合後にルイス・カレーラス監督が「2チームを通して一番良かった」と評したのは神戸のビジャでも、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキでも、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスでもなく、この日Jリーグデビューを飾った17歳MFだった。

 開幕戦で名古屋グランパスに0-4と大敗を喫した鳥栖は、MF原川力に代わって鳥栖U-18所属で2種登録のMF松岡大起を4-4-1-1のシャドーに起用。豊富な運動量を武器とする17歳は、リーグデビュー戦にもかかわらず、ピッチを縦横無尽に駆け回った。

 前半14分には自陣でボールを拾い、神戸MF山口蛍のチャージにも耐えてドリブル。右サイドのタッチライン際でカバーに来たイニエスタにボールを奪われてしまったが、一回り年上の世界的スター相手に食らいついて猛然とプレッシャーをかけて会場を沸かせた。同35分にもボールこそ奪えなかったが、イニエスタに対して執拗なマークを仕掛けてパスを選択させるなど、両チームで3位の走行距離11.386kmを記録している。

 鳥栖は後半9分に守備陣のミスからビジャに日本初ゴールを許し、攻撃陣も昨年8月の第22節川崎フロンターレ戦(0-0)以降では最少となるシュート4本に終わり、開幕2連敗を喫した。松岡は「失うものは何もなかった」とデビュー戦を振り返る。

「チームとして悔しいですね。もっとボールを受けて、自分で前を向いてフィニッシュを確実に決められるくらいのプレーをしないと世界では戦えない。ただ、相手の逆を取って前を向いて、シュートまで持って行けたことは良かったと思います」

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング