レアル主将ラモス、メッシとの“一触即発騒動”に故意否定 「悪い気分にさせたようだ」

(左から)DFセルヒオ・ラモス、FWメッシ【写真:Getty Images】
(左から)DFセルヒオ・ラモス、FWメッシ【写真:Getty Images】

クラシコでメッシとラモスが額を突き合わせた衝突が世界でも話題

 レアル・マドリードは現地時間2日、リーガ・エスパニョーラ第26節で宿敵バルセロナにホームで0-1と敗戦。今季公式戦で4回目となった“エル・クラシコ”は、通算1分3敗と悔しい結果を突き付けられている。この試合では、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスの肘打ちからアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが激昂し、ラモスと額を付き合わせる一触即発の場面があった。だが、ラモス本人はメッシの怒りを意に介していないようだ。英メディア「スポーツ・バイブル」が伝えている。

 2月27日の国王杯(コパ・デル・レイ)準決勝第2戦で対戦したばかりの両チーム。その試合でバルセロナに0-3と大敗していたレアルは、その3日後のリーガでも辛酸を舐めさせられた。前半26分にクロアチア代表MFイバン・ラキティッチに先制点を奪われると、同点に追いつくことができず、本拠地サンチャゴ・ベルナベウで屈辱の連敗を喫した。この敗戦により、レアルは今季4戦目となった“エル・クラシコ”で1分3敗と大きく突き放され、通算成績も95勝51分96敗。87年ぶりに負け越す憂き目に遭った。

 一方、この一戦で波紋を呼んでいるのが、ラモスとメッシの主将同士による衝突だ。バルセロナが1-0とリードして迎えた前半終了間際の45分、レアル陣内でボールを持つラモスはメッシのハイプレスに対してボールを浮かしてかわしたが、その際に左腕がメッシの顔面を直撃。プレーが止まると、顔を両手で抑えて倒れこむメッシにラモスが歩み寄った。すると起き上がったメッシは激昂してラモスに詰め寄り、ラモスもそれに応じるようにメッシと額を突き合わせ、主審が慌てて止めに入ることになった。

 宿敵の主将同士が見せた一触即発のシーンに各国メディアからも多くの注目が寄せられたが、試合後、ラモスは意図的なプレーではないと完全否定。メッシの怒りをまるで意に介さないコメントを残している。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング