「我々のスタッフを侮辱」 相手クラブ幹部が長谷部を非難、独紙詳報「一体何があった?」

敵将も非難「キャプテンは節度ある振る舞いを見せるべき」

 さらに、長谷部と口論したナーゲルスマン監督も、「彼には今夜ベッドで横になった際に自分の振る舞いが本当に正しかったのか振り返ってもらいたい。キャプテンというのは節度ある振る舞いを見せるべき立場だ」と厳しい言葉を投げかけていた。

 クラブだけでなく日本代表時代も精神的支柱として冷静な姿勢を一貫していた長谷部にとって、このような一件でドイツ国内を騒がせるのは珍しい事態と言えるかもしれない。


今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング