フランクフルト長谷部、5連戦後の“ご褒美の一杯”を堪能するオフショット投稿に反響

フランクフルトのMF長谷部誠【写真:Getty Images】
フランクフルトのMF長谷部誠【写真:Getty Images】

過酷な5連戦は2勝3分と無敗 2日間のオフで“リラックスタイム”を設けて次戦へ

 ドイツ1部フランクフルトは現地時間24日、ブンデスリーガ第23節ハノーファー戦で3-0と勝利。公式戦8戦負けなし(3勝5分)でUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位をキープしている。元日本代表MF長谷部誠はハノーファー戦でキャプテンマークを巻き、今季の主戦場とは異なるボランチとしてクリーンシートに貢献したが、自身の公式インスタグラムで“勝利の美酒”を味わう様子を公開。「まこ様素敵」と反響を呼んでいる。

 長谷部は昨夏のロシア・ワールドカップを最後に日本代表を引退。クラブでのプレーに専念する環境となり、ドイツ12年目のシーズンを迎えた。第4節のRBライプツィヒ戦(1-1)でリーグ戦今季初出場を果たすと、その後はリベロとして存在感を発揮。チームもそれに導かれるように調子を上げ、長谷部はドイツ誌「キッカー」選出の「前半戦最高のCB」にも輝いた。

 24日のハノーファー戦ではボランチで先発出場。キャプテンマークを巻いてフル出場し、敵地での3-0の勝利に貢献した。

 長谷部は26日に自身のインスタグラムを更新。ハッシュタグで「#5連戦後の #2連休 #一杯だけ」と綴り、勝利の“ご褒美”とばかりにビールを味わうオフショットを公開している。

 フランクフルトは、9日のリーグ第21節ライプツィヒ戦(0-0)からの15日間で、リーグ戦とELで計5試合を戦うハードスケジュールを無敗(2勝3分)で走破。3月2日のリーグ第24節ホッフェンハイム戦に向けて2日間のオフが設けられたなかで、束の間のひと時を楽しんだようだ。

「#リラックス #気分転換してまた次の連戦に向かいます」

 白い上着にキャップをかぶり、弾けんばかりの笑顔を見せる長谷部に、ファンからは「まこ様素敵」「リラックスは大切ですよね」「笑顔が最高」「長谷部さんかっこいい!」などのコメントが寄せられている。

 24日付けのドイツの有名サッカー雑誌「11FREUNDE」で、「ハセベがピッチ上のキャプテン」「神は日本人だった」と絶賛されたばかりの長谷部。シーズン後半戦もフランクフルトに不可欠な存在となるのは間違いない。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング