J1・J2昇格4クラブが「3勝1分」の無敗と好スタート 大分はACL王者・鹿島から大金星

鹿島戦で2得点をマークしたFW藤本【写真:Getty Images】
鹿島戦で2得点をマークしたFW藤本【写真:Getty Images】

松本は磐田とドロー、J2では琉球と鹿児島がそれぞれゴールラッシュで勝利

 J1リーグとJ2リーグの開幕戦が22日から24日にかけて各地で行われ、大分トリニータが昨季AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制した鹿島アントラーズに勝利するなど、“昇格組”が無敗の好スタートを切っている。

 今季のJ1昇格組はJ2優勝の松本山雅FCと2位の大分、J2昇格組はJ3優勝のFC琉球と2位の鹿児島ユナイテッドFC。各チームの開幕戦に注目が集まったなか、大きなサプライズを提供したのが大分だ。昨季ACL覇者でリーグ3位の鹿島を相手に、アウェーで2-1と勝利する大金星を手にした。一方、松本はジュビロ磐田に1-1と引き分けて勝ち点1を奪取している。

 また琉球は昨季J2・7位のアビスパ福岡と対戦して3-1と快勝。また鹿児島は、昨季11位の徳島ヴォルティス戦で4-3の打ち合いを制して白星スタートを切った。

 例年、昇格組は苦戦を強いられる傾向にあるが、今季の昇格4クラブはそれぞれ無敗と上々の船出を飾った。2日のJ1第2節では大分と松本の昇格組対決が実現する一方、同日のJ2第2節では琉球が大宮アルディージャ、鹿児島が京都サンガF.C.と対戦する。昇格4クラブの行方も見どころとなりそうだ。

【昇格組の結果(得点者:昇格チームのみ)】
●J1
松本 vs磐田(△1-1/アウェー)
得点者:岩上祐三

大分 vs鹿島(○2-1/アウェー)
得点者:藤本憲明2

●J2
鹿児島 vs徳島(○4-3/ホーム)
得点者:中原秀人2、韓勇太、藤澤典隆

琉球 vs福岡(○3-1/ホーム)
得点者:鈴木孝司2、富所悠

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング