久保建英が飛躍的に成長した部分は? 元日本代表の先輩が指摘、葛藤の末に出した答え

開幕戦の“多摩川クラシコ”に先発出場を飾った久保【写真:荒川祐史】
開幕戦の“多摩川クラシコ”に先発出場を飾った久保【写真:荒川祐史】

“多摩川クラシコ”に先発出場を飾った久保、石川氏も成長を称賛

 FC東京のMF久保建英は23日、J1開幕戦の川崎フロンターレ戦(0-0)に先発出場し、リーグ連覇を達成している王者を相手に存在感を発揮した。かつてFC東京でプレーしていた元日本代表MFの石川直宏氏は、“後輩”久保の成長に目を細めている。

 開幕戦でいきなり実現した“多摩川クラシコ”。王者のホーム、等々力陸上競技場に乗り込んだFC東京の先発リストには、17歳久保の名が記されていた。4-4-2システムの右サイドハーフとしてピッチに立つと、開始早々の前半4分に挨拶代わりの圧巻プレーを見せる。

 左サイドのコーナーフラッグ付近でMF東慶悟からパスを受けると、MF家長昭博を瞬発力のあるドリブルでかわし、カバーに詰めてきたDFマギーニョをシザースフェイントで突破。最終的にはクリアされて決定機とはならなかったが、等々力陸上競技場はどよめきに包まれた。さらに同41分、右サイドで獲得したFKでキッカーを務めると、鋭い左足のシュートは壁を越えるも右ポストを叩き、惜しくもゴールとはならなかった。

 後半32分にMF大森晃太郎と交代したが、ピッチの至るところに顔を出し、ドリブルやスルーパスで幾度となくチャンスを創出。先発として十分すぎるほどの存在感を発揮していた。試合後、久保はフォア・ザ・チームの重要性も口にしている。

「サッカーはチームスポーツなので、俺は俺はというわけにもいかないですし、チームの勝利が最優先のなかで一人ひとり特長があると思うんですけど、まず土台としてのチームコンセプトというのは、できないと試合には出られないんだというのをこの1年でしっかりと学んだので、そのなかで攻撃の時は自分の特長をしっかりと出して、それがチームの攻撃の形になればと思っています」

 久保の飛躍ぶりに目を細めているのが石川氏だ。久保はJリーグでFC東京と横浜F・マリノスの2クラブを経験しているが、石川氏もキャリアで在籍したのはその2クラブだ。また、この日久保が入った右サイドハーフは、石川氏にとって現役時代の主戦場だった。石川氏にとっても久保は興味深い選手の1人のようで、「本当に別人になった。吸収力が別格」とそのパフォーマンスを称えている。

「これまではチームのために守備に走らないといけない、でもそれだと自分の持ち味を発揮できない。そういう葛藤もあったと思う。自分もそうだった。建英はマリノスに移籍したわけだけど、そこでも結局求められることって、そう大きく変わらない。そこでJリーグというものを学んだんだと思う」

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング