躍動した17歳久保、FC東京監督の賛辞にも冷静 「自分で言うよりも他人の評価が一番」

久保が開幕戦の“多摩川クラシコ”で躍動した【写真:荒川祐史】
久保が開幕戦の“多摩川クラシコ”で躍動した【写真:荒川祐史】

開幕戦の“多摩川クラシコ”に先発した久保、随所に光るプレーで観客沸かす

 FC東京のMF久保建英は23日、J1開幕戦の川崎フロンターレ戦(0-0)で先発出場。華麗なドリブル突破やポスト直撃の直接FKなど、随所で存在感を発揮した。試合後、FC東京の長谷川健太監督から受けた賛辞について、「自分で言うよりも他人の評価が一番」と冷静に受け止めている。

 史上初めて開幕戦で実現した“多摩川クラシコ”で、かつて川崎の下部組織に在籍していた久保が等々力陸上競技場のピッチに降り立った。ホームの川崎サポーターからも温かい拍手が送られるなか、4-4-2システムの右サイドハーフに入った17歳の久保は、開始早々の4分に見せ場を作り出す。

 左サイドのコーナーフラッグ付近でMF東慶悟からパスを受けると、昨季JリーグMVPの元日本代表MF家長昭博を瞬発力のあるドリブルでかわし、さらにカバーに入ったDFマギーニョも素早いシザースで突破。最終的にはクリアされ決定機演出とはならなかったが、スタジアムにはどよめきが起こった。

 さらに同41分には、敵陣右サイドの絶好の位置でのFKでキッカーを務める。短い助走から力強く左足を振り抜くと、鋭い弾道で壁を越えたシュートは右ポストを叩き、惜しくもゴールとはならなかった。

 それでも後半32分に途中交代するまで、ピッチを縦横無尽に動き回りながら要所で顔を出し、ドリブルやスルーパスで幾度となくチャンスを創出。先発として十分すぎるほどの存在感を発揮していた。

「欲を言えば、もうちょっと前で絡んでもっと相手を脅かすプレーをしたいなと思っていましたけど、押し込まれる時間が多いなかで、及第点ではあったかなと思います。 サッカーはチームスポーツなので、俺は俺はというわけにもいかないですし、チームの勝利が最優先のなかで一人ひとり特長があると思うんですけど、まず土台としてのチームコンセプトというのができないと、試合には出られないんだというのを、この1年でしっかりと学んだので。それをシーズンの早いうちに学べたのは、一番の収穫かなと思いますし、そのなかで攻撃の時は自分の特長をしっかりと出して、それがチームの攻撃の形になればと思っています」

 久保は試合をそう振り返り、フォア・ザ・チームの重要性を説いていた。また試合後、FC東京の長谷川監督は久保のパフォーマンスについて「素晴らしいの一言」と開口一番に賛辞を送り、その将来性に太鼓判を押していた。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング