サッリ監督、地元ファンからブーイングの愛弟子を擁護 「重要性が分かった前半」

(左から)チェルシーのサッリ監督、MFジョルジーニョ【写真:Getty Images】
(左から)チェルシーのサッリ監督、MFジョルジーニョ【写真:Getty Images】

後半31分から登場したジョルジーニョにチェルシーサポーターがブーイング

 チェルシーは21日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)のマルメ(スウェーデン)戦で、3-0の勝利を収めた。2戦合計スコアを5-1として16強進出を果たしたが、途中出場したイタリア代表MFジョルジーニョは、ホームのファンからブーイングを浴びせられる場面があった。これに対して、マウリツィオ・サッリ監督は、ナポリ時代からの愛弟子への信頼を口にしている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 前半をスコアレスで折り返したチェルシーだったが、後半10分にはフランス代表FWオリヴィエ・ジルーのゴールで先制する。その後マルメに退場者が出ると、後半29分にはイングランド代表MFロス・バークリーが直接FKを決めてリードを広げた。同39分には今冬の移籍市場でバイエルンから熱烈なオファーを受けたU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイがダメ押し弾を決めて3-0で勝利している。

 チェルシーのサッリ監督は2点をリードした後半31分、バークリーに代えてジョルジーニョを投入。その際、チェルシーのサポーターが集まっているスタンドの一角からブーイングが起きた。だが、サッリ監督はチームがプレーメーカーを必要としていたと持論を展開している。

「試合の最初の30分で、なぜジョルジーニョが私たちのチームに重要かが分かったと思う」とサッリ監督は言及。そして、「相手のプレッシングに対し、自陣からボールを運び出すことに苦しんでいた」と状況を説明した。

【PR】UCLアーカイブでは内田篤人がシャルケ時代の試合を自ら解説!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング