0-20で敗戦の伊3部プロ・ピアチェンツァ 深刻な財政難で規定違反、リーグ除外が決定

ACプロ・ピアチェンツァ1919がリーグから除外されることになった(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
ACプロ・ピアチェンツァ1919がリーグから除外されることになった(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

選手の給与未払い、選手の人数不足など問題が常態化 イタリアサッカー連盟から処分

 イタリア3部セリエC・グループAに所属していたACプロ・ピアチェンツァ1919がリーグから除外されることになった。深刻な財政難から選手の給料未払い、試合で選手を集められないなどの問題が常態化し、規定違反があったことを受けてイタリアサッカー連盟(FIGC)が決定した。英公共放送局「BBC」なども報じている。

 ピアチェンツァは現地時間17日に行われたACクーネオとの一戦で、十分な選手を集めることができず、11人に満たないわずか7人で試合に臨んだ。その7人全員が10代選手で、キャプテンのニコラ・シリグリアーノ(18歳)が監督も兼任という状況。さらに、交代選手として選手資格のないチームのフィジオセラピストも出場していたという。結果は惨憺たるもので、20-0で終了していた。

 このクーネオ戦の前も、ピアチェンツァの試合は3試合連続で開催不可により延期されていた。8月以降は選手の給与未払いが続いている。

 こうしたなかで、FIGCはピアチェンツァが「深刻なレギュレーション違反があった」としてリーグから除外することを決定。先のクーネオ戦の結果も無効となり、クーネオの3-0勝利という形になるという。

 また、ピアチェンツァはセリエCを統括するレガ・プロからは2万ユーロ(約250万円)の罰金も課された。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング