レアル神童、相手2人翻弄のダブルヒール“股抜き未遂”に海外驚嘆 「不条理なスキル」

レアルFWヴィニシウス【写真:Getty Images】
レアルFWヴィニシウス【写真:Getty Images】

ヴィニシウスが国王杯ジローナ戦で相手2人を翻弄するテクニックを披露

 レアル・マドリードは現地時間1月31日に行われたスペイン国王杯の準々決勝第2戦でジローナを3-1で破り、2戦合計スコア7-3でベスト4に駒を進めた。元フランス代表FWカリム・ベンゼマの2ゴール、スペイン人MFマルコス・ジョレンテのダメ押し弾で決着がついたが、海外メディアはブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールが試合中に見せた美技を「不条理なスキル」「作品」と伝えている。

 レアルは前半27分、43分にベンゼマがゴールを奪い、リードを2点に広げる。後半26分にジローナの反撃で1点を返されたが、その5分後にジョレンテが勝負を決する3点目を挙げた。

 そのなかで、海外メディアがゴールシーン以上に目を向けたのが、1-0で迎えた前半31分のシーンだ。今季から加入した18歳のブラジル人FWヴィニシウスは、相手を背負いながらボールを受ける。ジローナDFジョナス・ラマーリョとMFペドロ・ポロの2人に囲まれ、タッチライン際に追い込まれたところで、右足ヒール→左足ヒールの連続技で進行方向を変更。惜しくも股抜きとはならなかったが、隙間を縫うようにスペースにボールが出て、敵地のスタンドからもどよめきが起こった。

 ラマーリョにファウルを受けてゴールに直結するプレーとはならなかったが、衛星放送「ビーイン・スポーツ」フランス語版は公式ツイッターで「ヴィニシウスの作品」と動画付きで紹介。英スポーツメディア「スポーツ・バイブル」も「不条理なスキルでジローナの選手2人を無力化」と報じている。

 シーズン当初こそセカンドチームでプレーしていたヴィニシウスだが、名門レアルのレギュラーを狙える位置にまで浮上してきており、首位バルセロナ追走には欠かせない戦力となりそうだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング