乱闘騒動、なぜ“羽交い絞め被害”の長友佑都に警告? 当事者が見解「たぶん…」

日本代表DF長友【写真:田口有史】
日本代表DF長友【写真:田口有史】

終了間際に起きた騒動、その最中で相手DFハジサフィに羽交い絞めにされた長友

 日本代表は28日のアジアカップ準決勝イラン戦で3-0と快勝し、2月1日の決勝に進出した。3-0と日本リードで迎えた後半アディショナルタイム、相手のエースFWサルダル・アズムン(ルビン・カザン)がMF柴崎岳(ヘタフェ)を小突いたのをきっかけに乱闘騒動へと発展。その最中、相手DFから羽交い絞めの被害に遭ったDF長友佑都(ガラタサライ)がイエローカードを受けている。なぜ相手ではなく、長友だったのか。本人が見解を示している。

 今大会5試合で12得点無失点と圧倒的な数字を残しながら勝ち上がってきたイランを、日本が攻守両面で凌駕した。序盤から激しい攻防が続くなか、0-0で迎えた後半11分、MF南野拓実(ザルツブルク)のクロスから5試合ぶりに先発復帰のFW大迫勇也(ブレーメン)が先制弾。さらに同22分、南野のクロスが相手DFの手に当たりPKと判定され、これを大迫が沈めてリードを広げた。後半アディショナルタイムにはMF原口元気(ハノーファー)がダメ押しの一撃を流し込んでいる。

 3-0と日本がリードを広げて試合が再開され、日本の自陣ペナルティーエリア手前で笛が吹かれると相手のエースFWアズムンが怒りを爆発させ、柴崎の左ほほに張り手をするような形となった。ここから両軍の選手が入り乱れる騒動に発展する。

 DF吉田麻也(サウサンプトン)がアズムンに猛抗議しながらも、食ってかかるチームメートの間に割って入るなどキャプテンとしての振る舞いを披露。その最中、輪に加わっていた長友は相手DFエフサン・ハジサフィに羽交い絞めにされ、ヒートアップする場面も起きている。すぐさま長友も反発したなか、南野と相手選手たちが仲裁に入った。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング