イランのエースFW、柴崎の顔面に張り手の蛮行を母国メディアも糾弾 「醜くて非道」

イラン代表FWアズムン(左)、日本代表MF柴崎岳(右)【写真:Getty Images】
イラン代表FWアズムン(左)、日本代表MF柴崎岳(右)【写真:Getty Images】

試合終了間際、アズムンが腕を突き出して柴崎の左ほほに張り手する形となり一触即発

 森保一監督率いる日本代表は28日のアジアカップ準決勝イラン戦で3-0と勝利し、2月1日の決勝へと駒を進めた。日本が3-0とリードして迎えた終了間際、相手のエースFWがMF柴崎岳(ヘタフェ)の顔面に張り手したのをきっかけに、両軍が入り乱れる乱闘騒動へと発展し、会場は一時騒然となった。イランメディアも「醜くて非道な行動」と糾弾している。

 試合は5試合ぶりに先発復帰したエースFW大迫勇也(ブレーメン)が圧倒的な輝きを放つ。後半11分、MF南野拓実(ザルツブルク)のパスから頭で合わせて先制ゴールを奪うと、同22分にはPKから大迫が2ゴール目をマーク。さらにアディショナルタイムにはMF原口元気(ハノーファー)がドリブルで抜け出してダメ押しの3点目を流し込んだ。

 そのまま試合終了かと思われたが、日本のペナルティーエリア手前で乱闘騒動が勃発した。日本ボールに笛が吹かれた直後、感情を高ぶらせた相手のエースFWサルダル・アズムン(ルビン・カザン)が腕を突き出し、柴崎の左ほほに張り手するような形となった。これを見たキャプテンのDF吉田麻也(サウサンプトン)らが間に入りながらもアズムンに猛抗議。相手も一歩も引かずに好戦的態度を見せ、両軍の選手がぶつかり合う騒動となった。

 物々しい雰囲気に包まれたが、主審の仲裁もあってしばらく時間が経つと事態はようやく収まった。今大会、準決勝まで5試合で12得点無失点を誇っていたイランだが、日本戦ではノーゴールのうえに3失点という展開となり、エースのアズムンも鬱憤が頂点に達したのだろう。

 アズムンはイエローカードが提示されたが、イランメディア「Farda News」はアズムンが柴崎に手を出す決定的瞬間の写真を掲載。「サルダル(アズムン)の醜くて非道な行動」と糾弾した。

 イランは2012年11月14日のブラジル・ワールドカップ最終予選ウズベキスタン戦を最後に、対アジア勢の公式戦は約6年間、39試合負けなしだったなかでの敗戦はショックが大きかったようだ。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング