大迫のヘディング弾&PKで日本が2-0! 南野が執念の先制アシスト、堅守イランを破る

日本代表FW大迫(右)【写真:ⒸAFC】
日本代表FW大迫(右)【写真:ⒸAFC】

大迫と南野のコンビで2ゴール奪取

 復帰したエースが期待に応えた。28日に行われたアジアカップ準決勝で日本はイランと激突。0-0で迎えた後半11分、MF南野拓実のクロスからFW大迫勇也がヘディングで合わせて試合の均衡を破った。

 左サイドから攻め込んだ日本。ペナルティーエリアの左端で南野が倒されるも、イラン守備陣が主審にノーファウルをアピールしている隙に一人立ち上がり、エンドライン際でこぼれ球を拾った。そのまますぐに右足でクロスを送ると、飛び込んだ大迫が頭で合わせてゴールネットを揺らした。

 初戦のトルクメニスタン戦以来の先発となった大迫は、その試合以来となる今大会3得点目をゲット。南野の執念とエース大迫の活躍で、日本が決勝進出に一歩近づいた。

 そして同22分には再び2人の連係から、南野のパスがPKを誘発。大迫がこれを決めて日本が2-0とリードを広げた。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング