緊迫のアジア杯4強、日本対イランは一進一退の攻防 0-0で勝負の後半へ

準決勝イラン戦は前半を0-0で折り返した【写真:Getty Images】
準決勝イラン戦は前半を0-0で折り返した【写真:Getty Images】

大迫がスタメン復帰の日本 連動する形から堂安がシュートを放つシーンも

 日本代表は28日にアジアカップ準決勝のイラン戦に臨み、前半を0-0で折り返した。

 日本はFW北川航也に代わってFW大迫勇也が今大会初戦以来のスタメン復帰となったほかは、準々決勝のベトナム戦(1-0)と同じスタメンが並んだ。2012年11月から6年以上アジアで無敗のイランに対して、現状のベストメンバーを並べて勝負に挑んだ。

 双方ともに一進一退の立ち上がりのなかで、先にゴール前で良い形を作ったのは日本だった。前半17分にコーナーキックからDF吉田麻也が頭で狙うとわずかにボールは外れ、その2分後には右サイドのコンビネーションからMF堂安律が中央に切り込んでシュートを放つ場面もあった。

 逆に同22分、日本はGK権田修一からのビルドアップで中途半端なボールロスト。左45度から仕掛けてきた相手エースFWアズムンにMF柴崎岳がかわされ際どいシュートを打たれたが、権田が反応良く左足を伸ばしてシュートコースを変えて事なきを得た。

 どちらのチームも先に失点したくないという思いがプレーに表れた感のある前半となり、先制ゴールは生まれず。0-0のままハーフタイムを迎え、決勝への切符は後半の勝負に持ち越された。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング