「内容で叩かれても勝てばいい」 日本代表FW武藤、イラン戦へ不退転の覚悟

日本代表FW武藤【写真:田口有史】
日本代表FW武藤【写真:田口有史】

アジア杯準決勝のイラン戦へ士気高揚 「次、100%の状態で行けるので楽しみ」

 日本代表は28日のアジアカップ準決勝でイラン代表と対戦する(現地時間18時キックオフ/日本時間23時)。FW武藤嘉紀(ニューカッスル)は「内容で叩かれても勝てばいい」と不退転の覚悟を口にしている。

 武藤はFW浅野拓磨(ハノーファー)の負傷を受けて追加招集。グループリーグ第2戦オマーン戦(1-0)で後半から途中出場し、第3戦ウズベキスタン戦(2-1)で現体制初先発を飾ると、1ゴールをマークした。決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦(1-0)では2戦連続先発出場も、累積2枚目のイエローカードを受けて準々決勝ベトナム戦(1-0)は出場停止。結果的に体を休める形となり、武藤は「むしろコンディションも上がりました。次、100%の状態で行けるので楽しみです」と、イラン戦に向けて気持ちを高ぶらせている。

「相手はFWに良い選手がいますし、この間の(8強)中国戦(3-0)も大差で勝っている。素晴らしい雰囲気で臨んでくると思いますけど、僕らもすべて出し切れば必ず勝てる」

 イランの戦い方を分析し、武藤は「フィジカル対決になるのは間違いない。綺麗なサッカーだけでは勝てない」と指摘。そのうえで「攻守の切り替えを早く、かつ相手よりも戦えれば、僕らが有利なのは間違いない」と見ている。

 日本の目の前に立ちふさがるハードルは決して低くない。相手は現在“アジア最強”と評されるイランだ。そんな難敵撃破は高難度のタスクであり、武藤も「すべてを出し尽くさない限り勝てる相手ではない」と理解している。だからこそ、こう言い切った。

「内容で叩かれても勝てばいい。しっかりと勝ちます」

 どんなに素晴らしい内容を披露したとしても、ここで敗北すればベスト4で大会を終えることになる。2011年以来の優勝を見据えるなか、武藤は“勝利至上主義”を宣言した。それは固い決意の表れだろう。何よりも結果を求めてチームに尽くす構えだ。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング