日本代表、4強イラン撃破に何が必要? MF原口元気が“シンプル回答”「今大会で一番…」

日本代表のMF原口元気【写真:Getty Images】
日本代表のMF原口元気【写真:Getty Images】

イラン戦へ「イメージはできています」 原口が言及「それを実行するだけ」

 日本代表は28日のアジアカップ準決勝でイラン代表と対戦する(現地時間18時キックオフ/日本時間23時)。今大会5試合で12得点無失点と圧倒的な数字を残す強敵を撃破するうえで、一体何が必要なのか。MF原口元気(ハノーファー)はシンプルな回答を導き出している。

 イランはグループリーグ初戦でイエメンに5-0と大勝。続くベトナム戦で2-0と連勝し、第3戦はイラクに0-0と引き分けるも首位通過を決めた。決勝トーナメント1回戦のオマーン戦で2-0、準々決勝の中国戦で3-0と危なげない試合運びで4強へ駒を進めている。イランは高い攻撃力と守備力を備え、日本が1-0と辛勝したオマーンとベトナムに対して、いずれも2点差で完封勝利を収めた。

 イラン戦に向けて、原口は「イメージはできています。どう守って、どう攻めるか。それを実行するだけ」と口にする。時間帯によるとしながらも、イラン戦ではチームとして「アグレッシブに行く」と示唆した。

 左サイドハーフでの先発起用が濃厚の原口は、自身の後方に位置するDF長友佑都(ガラタサライ)との連係に関して「守備は何も問題はない」と強調。「個人個人の戦いになると思う。僕は対面の相手、プラスアルファ、右の選手(FWアリレザ・ジャハンバクシュ)が良いので佑都くんのケアもしないといけない」とイメージを膨らませた。

 攻撃では、長友と呼吸が合わない場面も時折見られ、改善の余地が少なくない。もっとも原口は「タイミングが合わない時はたまにありますけど、そんなに気にすることじゃない」と意に介していない様子。大会を通じて2人の連係は着実に向上しており、確かな手応えも得ているようだ。

 難敵撃破に何が必要なのか。原口は「今大会で一番良いゲームをしないと勝てない」という簡潔な答えを導き出した。日本に求められるのは今大会のベストゲームだ。攻守ともに今まで以上の好パフォーマンスが不可欠になる。原口も勝利のために全身全霊を傾ける腹積もりだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング