日本代表、イラン戦はキャリアを懸けた大勝負 主将DF吉田「リスクを負って来ている」

力を込めた吉田「ここで負けてしまえば…」 イラン戦は「フィジカル的な戦い」と分析

 選手にとって代表は国のプライドを背負って戦う名誉の舞台である一方、いち選手としては所属クラブでの競争から一時離脱するリスクを背負う。だからこそ吉田は力を込める。「ここで負けてしまえば、予選(グループリーグ)で負けたのと変わりない」と。

「フィジカル的な戦いになるんじゃないかなと。向こうもそこを得意としている。90分、もしくはそれ以上に走り切る覚悟を持って戦わないといけない」

 激しい肉弾戦や走力戦を想定しながら、日本代表を統率するキャプテンは気を一層引き締めていた。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング