日本代表の20歳MF堂安、「アジアで一番」の強敵イラン撃破に自信 「倒しがいがある」

日本代表のMF堂安律【写真:Getty Images】
日本代表のMF堂安律【写真:Getty Images】

アジア杯4強で激突、イランを撃破してこそ…「本当のアジアチャンピオンになれる」

 日本代表は28日のアジアカップ準決勝でイラン代表と対戦する(現地時間18時キックオフ/日本時間23時)。右サイドハーフとして先発が予想されている20歳MF堂安律(フローニンゲン)は、“イラン撃破”に向けて自信を漲らせている。

 昨夏のロシア・ワールドカップ後からチームを率いる森保一監督の下、日本代表デビューを飾った堂安は、A代表で初の国際大会に参戦。グループリーグ初戦トルクメニスタン戦(3-2)では左足から強烈なシュートを叩き込んで勝利に貢献した。8強のベトナム戦(1-0)ではエリア内で倒されたプレーがビデオ判定でPKとなり、これを自ら沈めて決勝ゴールをマークしている。

 今大会、エースFW大迫勇也(ブレーメン)に並びチーム最多の2ゴールをマークしており、イラン戦でも活躍が期待されている。今やチームに不可欠な存在となった堂安は「レベルが上がる」とイランを警戒しながらも、「ただ、倒しがいがある相手」とチャレンジャー精神を覗かせた。その理由は明快だ。

「アジアの中で一番強いと言われているイランに勝ってこそ、本当のアジアチャンピオンになれると思う」

 FIFA(国際サッカー連盟)ランキング50位の日本に対して、イランはアジア圏最高の29位。その意味において“アジア最強”とも言える相手だが、強敵だからこそ堂安の心は燃え上がっているようだ。

 真のアジアチャンピオンへ――。そのためにはイランの壁を乗り越える必要がある。一筋縄ではいかない相手であり、堂安も「一つのミスが命取りになる」と細心の注意を払う構えだ。若きアタッカーはこの大一番で、どのようなプレーを見せるのだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング