UAE紙が「アジア杯4強」を分析 日本対イランの“盟主対決”、両国のキーマンは?

28日の準決勝で強豪イランと対戦する日本【写真:田口有史 & Getty Images】
28日の準決勝で強豪イランと対戦する日本【写真:田口有史 & Getty Images】

4チーム中3チームが中東勢 “アジア最強”のイラン、FWアズムンに注目

 UAEで開催されているアジアカップは28日にイラン対日本、29日にカタール対UAEの準決勝2試合が行われる。4チーム中3チームが中東勢となる展開のなか、各チームを分析しているのがUAE紙「ザ・ナショナル」だ。アジア屈指のタレント力を誇るイラン、UAEのアルベルト・ザッケローニ監督の手腕などが取り上げられているが、日本に対する印象はいかに――。

 ベスト4進出を果たしたこともあり、開催国UAEでは初優勝への期待が高まっている。準決勝の対戦相手であるカタールについて、スペイン人のフェリックス・サンチェス監督の下で守備が整備され、スピード感あるアタッカーを警戒している。それとともに、同紙が再評価しているのが“ザック”だ。

「彼の就任15カ月間、そして大会の4試合ではかなり良くない印象を持たれていたが、オーストラリア戦でそれは喝采を受けた。2011年のアジアカップでは日本に栄光をもたらした」

 そしてUAEとは別の山となる日本とイランの一戦にも注目している。まずは「大会前から優勝候補」と見られていたイランだ。特に注目しているのはFWサルダル・アズムン(ルビン・カザン)。ロシア・ワールドカップ(W杯)後に批判を受けて代表を引退したストライカーだが、10月に撤回して復帰。オールラウンドな点取り屋として4ゴールを決めていることに触れた。またカルロス・ケイロス監督についても、「協会との摩擦がありながらも就任した2011年以来、リスペクトを受けている」とも記している。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング