イラン代表監督、アジア杯4強で激突の日本を警戒 「アジアで最も成功を収めたチーム」

日本戦の前日会見に出席したケイロス監督【写真:Football ZONE web】
日本戦の前日会見に出席したケイロス監督【写真:Football ZONE web】

かつて名古屋で指揮したケイロス監督、「最も重要なことは自分たちのプレーをすること」

 イラン代表は28日のアジアカップ準決勝で日本代表と対戦するなか、カルロス・ケイロス監督がハッザーア・ビンザイード・スタジアムで行われた前日会見に出席し、「明日はアジアで最も成功を収めているチームと戦う」と警戒を強めている。

 ケイロス監督は1996年~1997年に名古屋グランパスエイトを指揮。その後、レアル・マドリードやポルトガル代表で指揮を執り、2011年からイラン代表を率いている。

 今大会のイランはグループリーグでイエメンに5-0、ベトナムに2-0、イラクに0-0と2勝1分でグループ首位通過。16強でオマーンに2-0、8強で中国に3-0と完勝して準決勝に勝ち上がってきた。

「明日はアジアで最も成功を収めているチームと戦う。それでも我々のアイデンティティを失うことはない。もちろん、日本にはたくさんの長所があり、それらを出そうとしてくるが、我々はそれに注意を払って対応しないといけない。最も重要なことは、自分たちのプレーをすることだ。それ以外のプレーをしても意味がない」

 ケイロス監督の下、イランは日本を撃破し、43年ぶりのアジアカップ優勝を目指す。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング