レアルがポルトの21歳ブラジル代表DF獲得へ マンUとの争奪戦を制しスター候補確保

レアルがポルトDFミリトンの獲得に前進か【写真:Getty Images】
レアルがポルトDFミリトンの獲得に前進か【写真:Getty Images】

ゴールデンボーイ賞の候補にもノミネートされた有望株ミリトン獲得に前進

 レアル・マドリードが新たなスター候補の確保に向けて前進したようだ。英紙「デイリー・メール」は、レアルはマンチェスター・ユナイテッドとの争奪戦を制し、ポルトのブラジル代表DFエデル・ガブリエウ・ミリトンを獲得することになりそうだと報じた。

 ミリトンは今月18日に21歳を迎えたばかりだが、昨年9月には弱冠20歳でブラジル代表デビューも飾った逸材。昨年は日本代表MF堂安律(フローニンゲン)もノミネートされたイタリア紙「トゥット・スポルト」が主催するゴールデンボーイ賞の候補にも名を連ねた。

 身長186センチと体格にも恵まれ、右サイドバックやセンターバック、中盤センターでプレーできる万能型だ。多くのビッグクラブが狙うなかで、最後はレアルとユナイテッドの一騎打ちだったとされるが、レポートでは争奪戦をレアルが制したとされている。

 現時点でのミリトンの違約金は4500万ポンド(約64億円)だとされているが、契約上今年7月15日を過ぎると、7000万ポンド(約100億円)まで跳ね上がるのだという。

 昨夏にサンパウロからポルトへ渡った際の移籍金はわずか300万ポンド(4億2700万円)だった。21歳の若武者は一気にスターダムの階段を駆け上がっている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング