鳥栖FWトーレスもランクイン! プレミア冬の移籍市場「歴代高額取引トップ10」

(左から)トーレス、プリシッチ、ファン・ダイク、オーバメヤン、ラポルテ【写真:Getty Images】
(左から)トーレス、プリシッチ、ファン・ダイク、オーバメヤン、ラポルテ【写真:Getty Images】

トップ4は過去2年間の移籍 1位はDF最高額を記録したリバプールのファン・ダイク

 1月も残り10日を切り、欧州の冬の移籍市場が開いている期間も残りわずかとなった。夏に比べると冬は動きが少ない傾向があるとはいえ、過去には数々のビッグディールが成立してきた。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は“冬の高額移籍トップ10”をランキング形式で紹介している。

 1位は2018年1月にサウサンプトンからリバプールへ加入したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクだ。その額は7500万ポンド(約105億8300万円)で、今ではリーグ最高のセンターバックとの評価を受ける。プレミアリーグにおける冬の移籍市場最高額であると同時に、DFとして世界最高額を更新した移籍でもあった。

 ファン・ダイクに続くのも、同じく昨冬に移籍を実現させたアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンだ。アーセナルがドルトムントに支払った移籍金は6000万ポンド(約84億6900万円)となっている。

 3位は今冬に成立したアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチで5760万ポンド(約81億3000万円)。MF香川真司が所属するドルトムントで飛躍を遂げた弱冠20歳の俊英は、今季の残りのシーズンはレンタルの形でドルトムントに残ってプレーし、来季からチェルシーに加入することが決まっている。

 4位がマンチェスター・シティのフランス人DFアイメリク・ラポルテ(5700万ポンド/約80億4300万円)と過去2シーズン以内のものが上位を占めたが、5位には2011年の移籍がランクインした。それが現J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスだ。5000万ポンド(約70億5700万円)でリバプールからチェルシーに加入したが、当時リバプールで不動のエースだったトーレスの移籍は大きな衝撃を与えた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング