「自然に結果が出せる」 浦和新助っ人エヴェルトン、“ビッグクラブ”での活躍に自信

浦和レッズに新加入したMFエヴェルトン【写真:Football ZONE web】
浦和レッズに新加入したMFエヴェルトン【写真:Football ZONE web】

OBポンテのパイプを生かし、ポルティモネンセでプレーしていたブラジル人FWを獲得

 浦和レッズに新加入したブラジル人MFエヴェルトンが、17日の始動日に合わせて来日。チームに合流して最初のトレーニングを終えると、「このチームに来られて光栄。自分の中で浦和レッズはビッグクラブですから」と意気込んだ。

 26歳のエヴェルトンは、ポルトガルの名門ポルトが欧州の2018-19シーズン開幕前に契約。そのまま、昨季までプレーしたポルティモネンセに期限付き移籍していた。浦和にとってポルティモネンセは、黄金期を支えたOBのロブソン・ポンテ氏がゼネラル・ディレクターを務めるパイプの太いクラブであり、これまでにもブラジル人DFマウリシオ、FWファブリシオを獲得してきた。

 エヴェルトンもまた、ポルティモネンセ時代にマウリシオとファブリシオと揃ってチームメートだったことがあり、さらには昨季に浦和でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に大きく貢献したFWラファエル・シルバとも旧知の仲だという。それだけに「浦和レッズのことは、移籍が決まる前から知っていました。友人がプレーしてきたのも理由の一つですし、ポンテさんからはサポーターの素晴らしさや、アジアのビッグクラブなんだと聞かされてきました」と、様々な縁があったことを明かした。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング