「クソゲームだ」「次は一番になれ」 流経大柏の名将、2年連続V逸の選手へ最後のエール

流通経済大柏の本田監督【写真:Noriko NAGANO】
流通経済大柏の本田監督【写真:Noriko NAGANO】

2大会連続で決勝敗戦の流経大柏、本田監督が選手に伝えた“一番になる大切さ”

 第97回全国高校サッカー選手権の決勝で青森山田(青森)に1-3で敗れ、2大会連続の準優勝となった流通経済大柏(千葉)の本田裕一郎監督は、試合を終えると開口一番「悔しいです」と一言。そして、「父兄や応援、ファンなら『よくやったね』と言いますが……」と、選手たちにこの敗戦を糧にするための言葉をかけたと明かした。

 流通経済大柏は、今季の高円宮プレミアリーグで青森山田と2回対戦して1分1敗と勝利できなかった。その相手との決勝戦となっただけに、「試合に臨むにあたって、とにかく今日はボールを取れと徹底的に伝えましたが、それができなかった。お互いに大味になるという読みはあったんですが、その競り合いや次のボール。データでもはっきり出ると思いますが、大会の中でもセカンドボールを最も拾えない試合になったと思います」と、敗戦の理由を述べた。

 準決勝の瀬戸内(広島)戦後にも本田監督は、守備戦術を「4-2-2-2とでも言うような」と、両サイドハーフが中央に絞って中盤の数的不利を解消する手立てがあることを話していた。しかしこの日は「絞りきれずに、その穴埋めも上手にできなかった」と、機能性が足りなかったことを嘆いた。

 そうした試合後、選手たちに高校サッカー界の名将はどのような言葉をかけたのか。それは、厳しい中にも次へのエールが詰まったものだった。

「先ほど伝えてきたのは、私が父兄や応援、ファンだったら『よくやったね』と言いますが、指導者だし教えてきたわけだから、クソゲームだと言いました。そのクソゲームを作ってしまった原因が、私にあるのはもちろんです。ぜひ次には、この同じようなことにならないように頑張れ、と。もしかして、それはサッカーではないかもしれないけれども、サッカーとは違う領域でも学んだことを生かして一番になれと。まず一番になる大切さ、なってみて、なんだ一番って大したことないぞと。それで何を感じるかが大事なんだということを伝えました」

【PR】CB昌子源がトゥールーズへ移籍。新たな日本人DFの挑戦をDAZNで見届けよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング