「クソゲームだ」「次は一番になれ」 流経大柏の名将、2年連続V逸の選手へ最後のエール

ヘディングで競り合う流通経済大柏DF関川(左)と青森山田DF三國(右)【写真:Noriko NAGANO】
ヘディングで競り合う流通経済大柏DF関川(左)と青森山田DF三國(右)【写真:Noriko NAGANO】

勝負に徹する本田監督だからこそのメッセージ

 本田監督は、全国の頂点を目前にして敗れた選手たちに、監督としての責任を認識したうえで最後まで指導者としての言葉をかけた。それは勝ちと負けが分かれる世界において、負けて「よく頑張った」だけではないメッセージだ。

 この新チームの立ち上げにあたっても、本田監督は昨年の千葉県予選や選手権での経験を踏まえ「多くのチームにロングスローを投げる選手がいましたので」と、必ず練習前にスローインを全員で行ったと話す。対戦相手によってプレスの掛け方や守備戦術を微調整するのも、勝つこと、一番になることを経験させることで、その先にあるものを見てほしいという思いからだ。

 結果的にはセットプレーでの先制ゴールから逆転される展開に、「セットプレーばかりになってしまったので、ちょっと攻撃をもう少しやらないといけなかったなという反省があります」と、本田監督は1年間を振り返った。敗戦後に厳しさのあるエールを送られた選手たちは、これを糧にどのような成長を次のステージで見せてくれるだろうか。

【PR】CB昌子源がトゥールーズへ移籍。新たな日本人DFの挑戦をDAZNで見届けよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング