師弟コンビが日本代表で復活! 追加招集DF塩谷司が“森保流”を歓迎「広島時代も…」

クラブW杯決勝のレアル戦でゴールを挙げた塩谷【写真:Getty Images】
クラブW杯決勝のレアル戦でゴールを挙げた塩谷【写真:Getty Images】

UAEの強豪アル・アインでリーグ優勝経験、レアルGKの牙城を崩す一撃で海外称賛

 アル・アインに移籍した塩谷はリーグ戦18試合3ゴールの活躍でリーグ優勝に貢献。昨年末のFIFAクラブW杯に開催国代表として出場すると、元鹿島アントラーズのFWカイオとともに決勝進出の原動力としてチームをけん引した。

 決勝では欧州王者のレアルと激突。4失点を喫したが、唯一のゴールを奪ったのが左サイドバックで先発した塩谷だ。0-3と劣勢で迎えた後半41分、カイオのFKにペナルティーアーク付近から飛び込んだ塩谷がヘディングシュートを放ち、ロシアW杯で最優秀GKに輝いたベルギー代表GKティボー・クルトワの牙城を崩す一撃を決めた。最終的に1-4で敗れたものの、塩谷の一撃は海外メディアから称賛されている。

 ベスト8敗退の2015年アジアカップでは出番なく終わった塩谷。前回大会の悔しさも胸に秘めるなか、進境著しい30歳のDFが恩師の下で成長した姿を見せてくれそうだ。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング