スペイン代表MFイスコ、レアル残留希望を明言 「チームを離れるつもりはない」

レアルMFイスコ【写真:Getty Images】
レアルMFイスコ【写真:Getty Images】

思うように出番を得られず、移籍報道も過熱するなかでレアルへの思いに言及

 レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコは、今季思うように出場機会を得られず、他チームへの移籍話も取り沙汰されている。しかし、本人は「僕は移籍市場で(チームを)離れるつもりはない」とスペインのテレビ番組「Deportes Cuatro」で主張した。

 2013年にレアルに加入して6年目を迎えたイスコだが、ジネディーヌ・ジダン監督が退任した今季は、フレン・ロペテギ前監督やサンティアゴ・ソラーリ監督の下で思うように出場機会を得られていない。リーグ戦はここまで11試合の出場でスタメンは5試合のみ。リーグ4位と首位バルセロナを追走するなかで苦しんでいる。

 イスコはここ数カ月、移籍の噂が多く報道されるなかでも去就に関して沈黙を貫き、1月の移籍市場で新天地を求めるのではないかとされていた。

 しかし、スペインのテレビ番組「Deportes Cuatro」で沈黙を破り、どこにも行かないと明言した。

「新しい年に関して本当に興奮している。僕は移籍市場で(チームを)離れるつもりはない。僕は本当に幸せだ。もちろんタイトルを獲得し続けるために、マドリードで続けたいと思っているよ」

 イスコはレアルと2022年まで契約を結んでおり、違約金は推定7億ユーロ(約882億円)。レアルが放出を容認しない限り、移籍は難しいという状況にある。もっとも、現在の状況が夏までに改善されなければ、イスコが移籍を望む可能性もゼロではないだろう。後半戦のピッチに光り輝くスペイン人プレーメーカーの姿はあるのだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング