新しい体験を求めて―― 鳥栖トーレスがJリーグへ抱く思い「日本には全てが揃ってる」

日本語習得にも熱心「今は平仮名や単語を覚えているところだ」

「一番大事なのはピッチでチームメートと交わす言葉だ。『右、左、後ろ、前、フリー』。サッカー言葉だ。今は平仮名や単語を覚えているところだ。来シーズンまでには少し会話ができたら嬉しい。チームにはとても満足している。素晴らしいプレーヤーばかりで、スキルが高い。入団した当初は皆に助けてもらった。仲間のサポートは何よりもありがたい。サガン鳥栖はまだ強豪とは呼べないが、高い目標を持ち、力をつけようとしている。僕も貢献したい」

 日本の文化に馴染み、日本語を習得することで、ピッチ上でのやりとりもスムーズになり、それがトーレスの本領発揮にもつながるだろう。来季は2018年以上のトーレスを目にすることができそうだ。

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング