長谷部誠、元日本代表FW高原直泰と再会 ドイツで“私服2ショット”にファンも感激

フランクフルトのMF長谷部誠【写真:Getty Images】
フランクフルトのMF長谷部誠【写真:Getty Images】

かつてフランクフルトに在籍した高原との2ショット投稿…「最大級の感謝と尊敬の念」

 フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠は16日にクラブと1年の契約延長を締結したなか、18日に自身の公式インスタグラムを更新。かつてフランクフルトで活躍した元日本代表FW高原直泰と再会し、ドイツでの貴重な2ショットを投稿している。

 今季フランクフルト在籍5シーズン目を迎えた長谷部は、16日にインスタグラムで2020年6月末まで契約を延長したと報告。ロシア・ワールドカップ後に日本代表引退を表明したが、2018年度のアジア最優秀国際選手に選出されるなど高い評価を得ており、チームでも不可欠な戦力とみなされている。

 そんな長谷部が再びインスタグラムを更新。「親愛なるアイントラハトファンの皆さん!!彼をまだ覚えていますか?」とドイツ語で綴り、かつてフランクフルトに2シーズン在籍した高原との私服2ショット写真を投稿した。長谷部は「奥寺さんや高原さんのような先輩方が道を切り開いて下さり、今の自分達世代が新たな挑戦が出来る。最大級の感謝と尊敬の念を!」と言及。日本人として初めてブンデスリーガでプレーした奥寺康彦氏とともに敬意を表している。

 現在39歳の高原は沖縄SVの代表、監督、選手と3足の草鞋を履いて精力的に活動。沖縄SVの公式インスタグラムでは「高原代表と牧野ジュニアユース監督がドイツに研修に行っています。無事到着した様ですが、沖縄との気温差は20度以上あるそうなので体調に気を付けて勉強してください!」と渡独の理由が明かされている。

 34歳の長谷部と高原は短いながらも代表で共闘しており、ドイツの地で再会を果たした。ファンからも「高原さんと長谷部さんの2ショットが見れるなんて」「2人ともすごくカッコイイ」「素敵」と珍しい組み合わせに感激の声が上がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング