内田篤人、クラブW杯逆転勝利の舞台裏を激白 因縁のレアル戦へ「リベンジのチャンス」

内田のパスから逆転につながるPKを獲得した土居(左)【写真:Getty Images】
内田のパスから逆転につながるPKを獲得した土居(左)【写真:Getty Images】

内田が前半の間に考えていたのは? 「1点取れれば変わる。2点目取られたら終わる」

 そう明かした内田だが、鹿島が苦しい前半を1失点で凌ぎ切り、後半の巻き返しにつなげたことは確かだ。

「(早い時間帯に)失点しちゃったので1回戻ろうかなと。そこから後半前に行って押し込んだら行けるなと思ったね。そこからヤスのスルーパス、(永木)亮太のスルーパスが出て。あれは質が悪かったけど、押し込めば意外にいけるなと」

 前半はボールを持っても相手のプレッシャーに対して効果的にパスをつなぐことができず、そこから崩しの起点になるパスも出せなかった。1点リードされたところから攻め急ぐより、なんとか全体を落ち着かせようとしていた理由を内田はこう説明している。

「向こうの選手は球際で止まらない。サイドバックとかセンターバックでも(ボールホルダーに)ガシャガシャガシャッてくるので、やっぱり落ち着いてパス回しっていう感じではなくなってくるから。前半はちょっとボールを出すところが見えないというか。正直戸惑った部分があるので」

 前半は1失点で乗り切ったことについて「(グアダラハラは)強いな、良いチームだなと思いましたよ」と内田。そうした状況で「1点取れれば変わるなと。2点目取られたら終わるかな」と前半の間に考えていたという。それは後半にMF永木の同点ゴールをアシストし、内田のパスから逆転につながるPKを獲得した土居も「2点目取られたらきついと両サイドにも言ってました。追加点はやらないでくれと」と同じことを話していた。

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング