内田篤人、クラブW杯逆転勝利の舞台裏を激白 因縁のレアル戦へ「リベンジのチャンス」

内田篤人がクラブW杯逆転勝利の舞台裏を激白【写真:AP】
内田篤人がクラブW杯逆転勝利の舞台裏を激白【写真:AP】

開始早々、グアダラハラに先制点献上 内田が失点場面を回想「釣られたね」

 鹿島アントラーズは現地時間15日のFIFAクラブワールドカップ(W杯)準々決勝グアダラハラ(メキシコ)戦で開始早々に失点して難しい戦いを強いられたものの、3-2と逆転勝利を飾り、19日の準決勝でレアル・マドリード(スペイン)と対戦する権利を得た。

「(失点は)釣られたね。俺は自分のマークを外してニアに行って、数的不利かなって言うのがあって、数的不利なので人に付こうか、ニアを消そうか考えて、ニアにパッと動いたら(ファーでマークしていた選手に)ボールが来ちゃったね。まあ、ああ言う駆け引きというか」

 鹿島の元日本代表DF内田篤人が振り返ったのは前半3分の失点シーンだ。メキシコ代表MFイサーク・ブリスエラが右サイドで仕掛け、元日本代表DF山本脩斗を破ってペナルティーエリア右まで侵入してクロスを上げる。センターバックの二人もニアに引っ張られたことで空いたゴール前を内田が埋めに行ったが、頭を越されてもともとマークしていたFWアンヘル・サルディバルにヘディングシュートを決められた。

 後半にグアダラハラが落ちてくるといった情報は「全然なかった」と内田。ロッカールームで理由について話したという。

「なんで後半、楽になったかはいまいちよく分かってない。向こうが落ちたのか、俺サイドは押し込んで(土居)聖真、ヤス(遠藤康)に(チョン・)スンヒョンから直接当ててほしいよと言った。ある程度ボールが回るようになってきて、向こうが崩れたのか、向こうが落ちたのか、ちょっと分かんない」

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング