東京Vの快進撃生んだサポーターの熱気 称賛に値するロティーナ采配と“閉じられた”哲学

東京Vを率いるロティーナ監督【写真:Getty Images】
東京Vを率いるロティーナ監督【写真:Getty Images】

敵地3連戦のJ1参入プレーオフ、専用スタジアムで示した存在感

 東京ヴェルディサポーターの応援の迫力に驚いた。通常のリーグを戦う味の素スタジアムの収容は、J2では群を抜く4万8999人。ところが今年のホーム平均観客動員数はJ2で13位の5936人に止まっており、同リーグで戦う2009年以降は5000~6000人台で推移してきた。さらに同スタジアムの記者席が、正面から見て右寄りに設計されていることもあり、遠い方のゴール裏に陣取る東京Vの応援がホームでも劣勢に感じられることも少なくなかった。

 だがJ1参入プレーオフが行われたNACK5スタジアム大宮、ニッパツ三ツ沢球技場、ヤマハスタジアムは、いずれもサッカー専用のコンパクトなスタジアム。J2で6位の東京Vにとってはアウェー3連戦となったが、逆にサポーターの存在感は増した印象だった。

 そしてこの熱気に後押しされ、東京Vは予想以上にJ1に肉薄した。大宮戦では序盤から主導権を握り、退場者を出しながら決勝ゴールを奪い取った。さらに横浜FC戦でも何度かピンチを凌ぎ、後半アディショナルタイム6分に決勝ゴールを挙げた。故障者が連鎖し厳しい状況下でアウェー戦を連勝したわけで、奇跡的な快進撃にベンチでは涙を浮かべるスタッフもいた。

 実際にスペインからやって来たミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の2年間の仕事ぶりは水際立っていた。着任前年の2016シーズンの東京Vの成績は18位で、内訳は43得点61失点だったが、昨年は64得点49失点とほぼ逆転させて5位で昇格プレーオフに進んだ。今年は56得点41失点で順位を一つ落としたが、開幕前に安西幸輝(鹿島アントラーズ)、安在和樹(サガン鳥栖)、高木善朗(アルビレックス新潟)、さらにシーズン途中にも畠中槙之輔(横浜F・マリノス)と立て続けに主力が移籍していった事情を考えれば、十分に称賛に値する。

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング