「今季ベストボレー?」 EL公式が南野の芸術弾に注目「C・ロナウドには負けるが…」

ザルツブルクのMF南野拓実【写真:Getty Images】
ザルツブルクのMF南野拓実【写真:Getty Images】

ELローゼンボリ戦でハットトリックを達成し、5-2の快勝に貢献

 オーストリア1部ザルツブルクの日本代表MF南野拓実は現地時間8日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節ローゼンボリ(ノルウェー)戦でハットトリックを達成し、チームを5-2の快勝に導いた。欧州カップ戦の舞台で鮮烈なインパクトを残したなか、EL公式インスタグラムは2点目の芸術ボレー弾に注目している。

 南野のゴールラッシュが幕を開けたのは前半6分だった。ピッチ中央でパスを受けるとドリブルからの右足シュートで1点目をマーク。さらに同19分には、自身の右斜め後方から届いたロングパスを左足のダイレクトボレーで合わせる華麗な一撃で追加点を奪い、3-0で迎えた同45分にも流れるようなパス交換からペナルティーエリア内に侵入してネットを揺らした。

 前半だけで圧巻のハットトリックを達成した南野だが、EL公式インスタグラムがスポットライトを当てたのは2点目のシーンだった。「現時点で今季のベストボレー?」との文章を添えてゴール動画を投稿すると、コメント欄には「アメージングな一撃だ」「C・ロナウドには負けるが、ELではベストだ」「間違いなく素晴らしいボレー」「パスが素晴らしいが、シュートも見事だ」とファンから称賛の声が上がっていた。

 南野は16日に行われる国際親善試合のベネズエラ戦、20日のキルギス戦の代表メンバーにも選出されており、クラブで披露している好パフォーマンスを日本にも還元してくれるのか。そのプレーに大きな注目が集まりそうだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング