“ブレた”柏に忍び寄る3度目の「J2降格危機」 剣が峰のラスト2戦で腹を括れるか

1年前の川崎戦では「意地でもつなげ」と送り出され勝利

 ちょうど1年前、柏は同じ川崎のホーム、等々力陸上競技場で天皇杯準々決勝を戦い、1-0で退けている。当時の下平隆弘監督は、こう言って選手たちを送り出したそうだ。

「意地でも(ボールを)つなげ」

 つまり昨年の柏は、若い選手たちを中心に川崎に負けない支配力を持つチームを作ろうとしていた。

 そして現在の柏も、その潜在能力を秘めている。それは首位を争う広島を3-0で下した第29節の一戦や、川崎戦の3日後に行われた第32節で従来の4バックに戻した鹿島アントラーズ戦の試合内容が証明している。

 もちろん現実を目の前にして、勝ち点1でも拾い上げたい心理は理解できる。だが結局は、そんな剣が峰でも腹を括れる監督、あるいはそういう監督を擁すクラブが、常勝や安定に近づいているようにも見える。

 第32節、柏に3-2と競り勝った鹿島は、3日前のACL決勝第1戦からスタメンを総入れ替えして臨んだ。それでもピッチに立った11人には、鹿島というクラブの一員として何を肝に銘じ、どんな戦いをするべきなのかが、しっかりと浸透していた。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング