シティFWが地面を蹴って倒れ…疑惑のPK判定 ペップ監督「PKじゃない」と誤審認める

(左から) ペップ監督、スターリング【写真:Getty Images】
(左から) ペップ監督、スターリング【写真:Getty Images】

自分で倒れてPK判定…自軍のゴールもペップ監督「レフェリーに言うこともできたはず」

 マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は現地時間7日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節シャフタール・ドネツク戦の前半、自軍のイングランド代表FWラヒーム・スターリングが自分で地面を蹴って躓き、PKを獲得した疑惑の判定について「ペナルティー(PK)じゃない」「レフェリーに言うこともできたはず」と誤審を認めている。英衛星放送局「BTスポーツ」のインタビューで語った。
 
 シティが1−0でリードして迎えた前半23分だった。ブラジル代表MFフェルナンジーニョのスルーパスに抜け出したFWスターリングがペナルティーエリア内で倒れた。相手選手との接触はない場面で、左足で地面を蹴り躓いて倒れたはずが、主審はこれをPKと判定した。

【PR】グループステージもそろそろ終了。CL・EL決勝トーナメントが始まりますよ!配信見るならDAZNで!

 シャフタール側は抗議したが、PKは認められた。シティはブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが成功させた。ジェズスがハットトリックを達成するなど、シティは6−0で圧勝した。

 スターリングのPK奪取について、自軍のゴールながらグアルディオラ監督は「我々は、あれがペナルティーじゃないと分かっている」と語り、誤審があったことを認めている。

「ラヒームはレフェリーに言うこともできたはずだ。我々はあのようなシチュエーションで得点したくない。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)という存在も私たちは知っている。レフェリーもそういったものの助けを借りなければならないね。誰だってミスはしたくないからね」

 結果的にはこの判定でシティが恩恵を受ける格好となったが、グアルディオラ監督の美学に反していたようだ。来季からCLで導入されることが決まっているVARの存在を持ち出し、判定技術の向上を要求していた。

 シティがシャフタールを圧倒した一戦だが、主審の判定を巡って議論が巻き起こっている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング