「何回も嫌いになりそうになった」 湘南FW高山、初優勝で回想する曺監督との“絆”

(左から)湘南ベルマーレの曺貴裁監督、FW高山薫【写真:Getty Images】
(左から)湘南ベルマーレの曺貴裁監督、FW高山薫【写真:Getty Images】

梅崎や大野らチームメイトに背中を押され、ルヴァン杯の優勝カップを掲げる大役を担う

 湘南ベルマーレは27日のルヴァンカップ決勝で横浜F・マリノスを1-0で破って大会初優勝を飾り、1994年度の天皇杯以来となる国内三大タイトルを獲得した。優勝カップを掲げる大役を担ったキャプテンのFW高山薫は、長年師事してきた曺貴裁監督とともにクラブの歴史に新たな1ページを刻めたことに「素直に嬉しかった」と思いを馳せた。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 初のルヴァンカップ決勝進出を果たした湘南は、前半36分に相手選手がディフレクションしたボールをMF杉岡大暉が拾い、ペナルティーアーク後方から左足を振り抜く豪快な一撃で先制に成功。後半は一転して横浜FMの猛攻に遭ったが、最後までゴールを許さず、1-0で勝利した。

 高山はMF梅崎司に代わって後半32分から途中出場。チームの大会初優勝のためにピッチを奔走し、体を張って横浜FMの猛攻をしのいだ。誰が掲げるか注目された優勝カップは、梅崎やDF大野和成、DF山根視来らに「行きなよ」と背中を押されて大役を担った。在籍年数はDF島村毅に次ぐチーム2番目。その間には昇格と降格の両方を味わっている。クラブが歩んできた歴史、選手の入れ替わりを見てきたからこそ、感じることがあったという。

「自分も長く在籍しているので、歴史的勝利だと感じます。ただ一方で、毎年選手も変わってきたので、自分がクラブにいる重みよりも、今年このメンバーで(タイトルを)勝ち獲ったという思いが強いです」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング