世界を目指すU-19日本代表、MF山田康太が描くFW久保建英との”マリノスライン”

(左から)MF山田康太、FW久保建英【写真:ⒸAFC】
(左から)MF山田康太、FW久保建英【写真:ⒸAFC】

グループステージ第3戦イラク戦で5-0完勝、久保のイマジネーションを引き出した山田

 影山雅永監督が率いるU-19日本代表は、インドネシアで行われているAFC U-19選手権のグループステージ第1戦で北朝鮮に5-2、第2戦でタイに3-1と2連勝で首位通過を確定。さらに25日の3試合目イラク戦も大幅にメンバーを変更しながら持ち前の攻撃力を発揮して5-0と完勝した。28日には来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップ(W杯)の切符を懸けて地元インドネシアと対戦する。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 イラク戦における日本の攻撃で中心的な役割を担ったのは17歳FW久保建英だが、彼の豊富なイマジネーションを中盤の底から引き出したのが、同じJ1横浜F・マリノスに所属する19歳MF山田康太だ。前半11分の先制ゴールは二人が上手く絡む形で生まれた。

「奪った後に相手のバランスがルーズになるというのは聞いてたので、奪った後しっかり前につけようというのは意識してた。良いワンタッチを付けられたので、そこは良かったと思います」(山田)

 右に開いたMF藤本寛也(東京ヴェルディ)のパスを受けた山田が、前線で裏に動き出すFW原大智(FC東京)を見逃さずロングパスを送る。原が相手のマークをいなしてキープすると、手前でパスを呼び込んだ久保がファーストタッチから鋭く縦に仕掛けてボックス内に侵入し、ショートクロスを左から走り込むMF滝裕太(清水エスパルス)に合わせた。

page1 page2 page3

河治良幸

かわじ・よしゆき/東京都出身。「エル・ゴラッソ」創刊に携わり、日本代表を担当。著書は「サッカーの見方が180度変わる データ進化論」(ソル・メディア)など。NHK「ミラクルボディー」の「スペイン代表 世界最強の“天才脳”」を監修。タグマのウェブマガジン「サッカーの羅針盤」を運営。国内外で取材を続けながら、プレー分析を軸にサッカーの潮流を見守る。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」