孤立無援のロペテギ監督、解任危機も強気 「私の仕事? 心の中で心配する最後のこと」

「選手は罰を受けるべきではない。我々にはCLがあり、そこで挽回する必要がある」

「私の仕事? それは今、私の心の中にある最後のものだ。火曜日には非常に重要な試合(UEFAチャンピオンズリーグのヴィクトリア・プルゼン戦)があり、そのために選手を鼓舞しなければならない。選手は罰を受けるべきではない。我々にはCLがあり、そこで挽回する必要がある」

 スペイン代表でロシア・ワールドカップを率いる資格を投げうってまで、銀河系軍団の指導者となったロペテギ監督。もしもCLで再び失態を犯すようなことになれば、現地時間28日に控える宿敵バルセロナとのエル・クラシコの指揮すら叶わない前代未聞の解任劇が起こってもおかしくない。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング