孤立無援のロペテギ監督、解任危機も強気 「私の仕事? 心の中で心配する最後のこと」

レアル・マドリードのロペテギ監督【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのロペテギ監督【写真:Getty Images】

格下レバンテに敗れて公式戦5試合未勝利 贔屓紙も悲壮感「悲惨な運勢だ」

 レアル・マドリードは現地時間20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第9節レバンテ戦で1-2の敗戦を喫し、直近の公式戦5試合を4敗1分けという大不振に陥っている。8時間を超える連続ノーゴールを含めてフレン・ロペテギ監督には逆風が強まっており、スペインの贔屓紙「マルカ」も孤立無援とする始末。それでも指揮官は試合後、「私の仕事は最後のことだ」と、指導者としてファイティングポーズを崩していない。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 試合は前半6分にフランス代表DFラファエル・ヴァランのバックパスをかっさらわれて先制を許すと、同11分にはヴァランのハンドがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってペナルティーエリア内と判断されてPKの判定。これで2点差とされると、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)が去った前線は決定機を決めきれず。後半27分にDFマルセロが一矢を報いたものの、またしても敗戦を喫した。

 ピッチ上の選手のミスに、ビデオ判定。同紙は「誰もがロペテギを助けてくれていない。選手も、VARも、そしてレアル・マドリードのファンすらも」とのタイトルでロペテギ監督への同情を認めつつも「彼は悲惨な運勢だ」と“負け運”が染みついていると指摘している。

 それでも、指揮官はまだ崩れ落ちようとはしていない。衛星放送「ビーイン・スポーツ」でのインタビューでこう答えている。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング