G大阪が快進撃を見せる理由 ボランチ4選手の数値を徹底比較、突出していたのは…

ボランチ4選手の数値を徹底比較【写真:Getty Images】
ボランチ4選手の数値を徹底比較【写真:Getty Images】

【データで診るサッカー】4人のボランチを比較 今野の復帰が大きな鍵に

 今、ガンバ大阪が勢いに乗っている。9月1日の第25節川崎フロンターレ戦の勝利(2-0)以降、連勝街道に乗り、見事5連勝を飾った。J2降格圏内の17位に沈んでいたチームは、この快進撃により暫定12位まで浮上。その原動力となったのは、元日本代表MF今野泰幸の復帰だった。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 今季、G大阪は開幕6試合で1分5敗とスタートダッシュに失敗すると、立て直すことができないまま、今季就任したばかりのレヴィー・クルピ監督を、7月22日の第17節清水エスパルス戦に1-2と敗れた翌日に解任。後任に、U-23チームを率いていた宮本恒靖監督を昇格させた。

 今季のG大阪が苦戦を強いられてきた要因の一つに、競り負ける試合が多かったことが挙げられる。クルピ監督が解任された第17節終了時点で喫した10敗のうち、6回が1点差負け。その傾向は宮本監督の就任後も変わらず、第20節の名古屋グランパス戦(2-3)、第23節ベガルタ仙台戦(1-2)と3敗を喫したうちの2回が1点差負けだった。

 それがこの5連勝中で、1点差勝利が4度と劇的に変化。最後まで踏ん張り切れない、あるいは粘り強く勝ち点を拾えなかったチームは、なぜ変わることができたのか。

 その要因の一つはアジア大会参戦などで、約1カ月間チームを離れた韓国代表FWファン・ウィジョが第26節のヴィッセル神戸戦(2-1)で復帰し、早速結果を残していること。直近の第29節セレッソ大阪戦(1-0)は出場停止だったものの、復帰後3試合連発、計4ゴールといずれも決勝点をマークする勝負強さを見せている。

 そしてもう一つの要因として挙げられるのが、今野の復帰だ。開幕前に右足首を負傷して出遅れていた今野は、5月中旬に手術を行い長期離脱を強いられた。そして、約3カ月半ぶりに川崎戦で戦列復帰を果たすと、5試合連続スタメン出場でチームも破竹の5連勝。経験豊富なボランチの復帰が、チームの攻守を安定させたのは明らかだろう。

 今野不在となった序盤戦、G大阪のボランチの人選は流動的だった。開幕戦では元日本代表MF遠藤保仁を本職のボランチではなく攻撃的MFに配し、ルーキーMF福田湧矢とMF市丸瑞希をスタメンに抜擢。その後はMF矢島慎也(現・ベガルタ仙台)、MF高江麗央らが起用されるものの結果を残すことができず、3月下旬にはサントスからMFマテウス・ジェズス(現・ポルティモネンセ/ポルトガル)を獲得した。

 矢島とマテウスが夏に移籍したなか、今シーズン主にボランチで出場機会を重ねたのは遠藤、今野、マテウス、高江、そしてMF高宇洋の5人だ。トップ下を務めることもあったが、ここまで全試合に出場する遠藤と、その他4人のプレーデータを振り返ると、各々の特徴が浮かび上がってくる。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング