「気持ちいいよね」 世界を知る長友佑都も絶賛…「イケイケ」の若手日本人コンビ

日本代表DF長友佑都【写真:田口有史】
日本代表DF長友佑都【写真:田口有史】

ウルグアイ戦で攻撃陣が躍動、両翼の中島と堂安を長友が評価「楽しんでプレーしている」

 日本代表は16日の国際親善試合ウルグアイ戦で4-3と勝利を収め、今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)後に発足した森保一体制で3連勝と好スタートを切っている。10月シリーズで現体制初招集となったDF長友佑都(ガラタサライ)は、ウルグアイ戦にフル出場したなか、「気持ちいいよね、イケイケだから」と若手コンビに目を細めている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合は前半10分にMF南野拓実(ザルツブルク)が先制弾を決めるも同28分に追いつかれ、同36分にFW大迫勇也(ブレーメン)がこぼれ球を押し込んで追加点を奪うが、後半12分に再び同点とされた。だが同14分にMF堂安律(フローニンゲン)、同21分に南野拓実(ザルツブルク)がゴール。終盤に1点を返されるも4-3で日本が逃げ切った。

 目を引いたのは、躍動した日本の攻撃陣だ。なかでも2列目中央の南野、左サイドハーフの中島翔哉(ポルティモネンセ)、右サイドハーフの堂安は相手の脅威となり、それぞれがゴールに絡む活躍を披露した。そのなかで両翼を高く評価している一人が長友だ。サイド攻撃の起点となった中島と堂安を称賛している。

「いいね、気持ちいいよね。イケイケだからね。伸び伸びと楽しんでプレーしているから」

 とりわけ長友と中島の左サイドは猛威を振るった。中島がボールを保持すると、長友が左サイドを一気に駆け上がる。相手のマークが長友に向いた瞬間、中島が小気味よいステップでドリブルを開始。中島は時に中央、時に縦へ突破し、南野の先制ゴールをアシストすれば、大迫のゴールを誘発する強烈ミドルも放った。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング